あまりに古くなったマンションでも再生して売却できました

リフォームのおかげで高値で売れ一戸建ての頭金に出来た

リフォーム前の状態では800万円程度と算出されていたので、かなりの上乗せに成功できたことになります。
実際には値引きが行われることになり、私も早期に現金を欲しがっていたので、最終価格は1,100万円で決着しました。
私にとっては十分な額面だったので、直ぐに応じて売却を済ませています。
リフォーム期間と合わせると、マンションの売却を希望してから3ヶ月半程度の期間で売却できて、リフォーム代を差し引いても十分な利益を確保できました。

マンション売却することになった!

購入1410万

売却1330万

赤字運用😩

— SHINGO YOSHIDA (@WaveShingo) 2019年3月8日
最初は低価格で売ってしまうことも覚悟していたのですけど、思い切ってリフォームしたことが上手く機能したという実例です。
本来であればリフォームせずに売ることがマンションの場合では多いと聞いているのですが、少しの資金でリフォームできる場合ではキレイに再生した上で手放すことにメリットを感じた次第です。
この時に受け取ったお金で新しい戸建て住宅の頭金にすることができたので、その後も住宅ローンに悩まされない生活を送ることができるようになりました。

古いマンションを売却し新築一戸建てを購入マンション売却にあたりリフォームを実施リフォームのおかげで高値で売れ一戸建ての頭金に出来た老後の生活のためにマンションの売却をしました。